会社概要

匠の精神を大切に、新しい技術開発とその習熟に努めています

川崎圧延株式会社は1941年創業以来、国土の基幹インフラを支える電力ケーブル用銅テープのトップシェアをキープし続けています。

近年ではIT産業をはじめとする、最先端産業において必須となる各種高度難削材の機械加工により、世界の電気機械分野への社会貢献をしております。

創業当時の「匠」の精神を大切にしながら、技術の水平展開とイノベーションを旨に継続的な成長をする加工メーカーです。

会社概要

商号 川崎圧延株式会社 (KAWASAKI ROLLING CO.,LTD.)
所在地 本  社:東京都江東区木場6丁目6番20号
第一工場:東京都江東区木場6丁目4番10号
第二工場:東京都江東区木場6丁目4番15号
TEL 03-3647-3301 / FAX 03-3647-3309
創業 1941年(昭和16年)10月1日
資本金 4,500万円
従業員数 50名(男40名/女10名)
年間取扱高 30億円
代表者 代表取締役社長:川崎 武
事業内容 圧延品】銅テープ:電力ケーブルしゃへい用、電装部品
研削品】特殊金属全般:磁気カード等の読み取りヘッド
(自動改札・ATM機等)
切削品】特殊金属全般:スパッタリング用ターゲット
(液晶・フォトマスク、ハードディスク)
関連企業 川崎総業株式会社
鎌ヶ谷カントリークラブ

 

沿革

1941年 電力ケーブル用の銅テープ・鉛テープ等の専門メーカーとして創業
1947年 川崎圧延株式会社を設立
1959年 西ドイツ製12段圧延機を導入
1963年 第二工場を建設
1966年 製造・販売体制確立のため川崎総業株式会社を設立
1968年 全自動6段圧延機を導入
1978年 磁性材料の研削加工を始める
1981年 スパッタリングターゲット材料の切削加工を始める
1982年 銅テープの新製法の確立に伴い連続焼鈍炉とスリッターを導入
1988年 全自動6段圧延機の電気設備更新
1990年 連続焼鈍炉とスリッターを増設
1991年 12段圧延機の電気設備更新
1994年 銅テープの新製法ラインを改造
1995年 大型ターゲット加工機の導入
2004年 超大型ターゲット加工機の導入
2005年 ISO9001 認証取得
2010年 ISO14001 認証取得

 

主要取引先 (弊社の主なお客様です)

 

ISO取得状況

© 2007-2018 川崎圧延株式会社 | 銅テープ・特殊金属加工 KAWASAKI ROLLING Co.,Ltd. All Rights Reserved.